脱毛器で永久脱毛ってできるの?レーザー脱毛なら効果高い?

「きれいなおねえさんは、好きですか。

」90年代から2000年初めにかけて話題になりましたね。

パナソニックの女性向け美容家電商品で使われていたキャッチコピーですね。

美容家電なのにもかかわらず、男性を意識したキャッチフレーズが話題になりました。

CMで起用されるきれいなおねえさんの要素として、凛とした美しさ・愛しさが重視され歴代のきれいなおねえさんには松嶋菜々子さんや中谷美紀さんが起用されています。

パナソニックの脱毛器といえばソイエが代名詞だと思いますが、最近は光エステという光美容器が登場しました。

光エステは女性用光脱毛器で6年連続量販店No.1を誇る今話題の光脱毛器です。

光エステには部位ごとの3種類のアタッチメントが付属しているので、これ1つあれば全身のムダ毛をケアすることができます。

男性も使用することはできますが、体毛が太いと刺激が強くなることがあるそうです。

光脱毛と呼ばれる脱毛器は、メラニン色素に反応し、脱毛を促す仕組みになっています。

そのためほくろがあると、ほくろに反応してしまう恐れがあります。

小さなほくろであればあまり気にしなくても大丈夫だと思いますがほくろが大きい場合、やけどの恐れがありますので、保護シールを貼ってから照射すると良いでしょう。

ソイエのようなムダ毛を引き抜くタイプの脱毛器なら、ほくろを気にすることなく使用することができますがムダ毛を無理やり引っこ抜く脱毛器は、出血が起こりやすかったり埋没毛になりやすかったりするので、色素沈着の原因になります。

家庭用脱毛器は毛抜きに比べると、肌への負担がない方法です。

永久脱毛をうたった製品もありますが、レーザーは基本的に病院でしか使用できない規則になっているので、永久に毛が生えてこない状態にはできません。

ですが、使用を重ねることで、減毛に効果をもたらします。

ムダ毛の処理が不要な状態にできるでしょう。

家庭用脱毛器トリアのお値段は大体6万円ぐらいですから、エステや病院で全身脱毛をする場合を考えると、断然お得ですよね。

6万円くらいの買い物で、好きな時間に好きな場所で何度でも脱毛することができるなら、手に入れたいを思う人も多いのではないでしょうか。

ですが、痛いのが我慢できない方には残念ながらトリアはオススメできません。

ケノンをお使いの方からの口コミや評判がよく、家庭仕様の脱毛器の中で1番と美容外科医が推薦しています。

ケノンの照射する面積の大きさは他の脱毛器と比較して大きいので、短時間での脱毛が可能です。

ひじ下なら数分程で脱毛することができるんです。

コスパも優れているので、全身脱毛をやってみたいのであれば、どうか一度ケノンを使ってみてください。

初めて脱毛器を使用する方が引っかかるのが痛みだと思います。

痛さを感じない脱毛器もあれば、刺激を強く感じる脱毛器もあります。

また、太い毛や皮膚が薄い所を脱毛する時には、強烈な痛みを感じることが多いものです。

使用する部位や肌の症状に合わせて出力を選ぶことができる脱毛器をチョイスするのがオススメです。

家庭で容易にムダ毛の脱毛を行えるレーザーを利用した脱毛器があります。

家庭用にレーザー量を抑制しているので、危険性について心配することなく使うことが出来ます。

脱毛の効果は医療機関で行うものに比べると低くなりますが、医療機関で脱毛を行うには予約が必要で自分の体の発毛サイクルと合わないことも多いです。

自宅において行うのであれば、自身の体のタイミングに合わせて処理を行うことが出来ます。

あなたがもし脱毛器でソイエやアミューレを選ぶのであれば、泡脱毛で処理することになります。

泡がムダ毛を絡め取る働きをするので、肌にかかる負担はグッと軽減され、なるべく痛くない処理ができるのです。

しかし、脱毛のパーツによって注意が必要です。

一本一本の毛を挟んで引き抜くという方法なので、中にはそれを痛いと感じる人もいるでしょう。

処理の直後の気になる点としてはほとんどの人が肌が赤くなるそうです。

一般に最新の脱毛器であれば肌荒れや火傷をしてしまう恐れはないでしょう。

参考:トリアに苦情?正直な感想&脱毛器効果を暴露!【家庭用脱毛器の口コミ】

フラッシュ方式脱毛器であるのならば、まずはそういったことはないことです。

けれども、どれほど優れた性能の脱毛器でも使い方を誤まると危険です。

特に顔脱毛を行う場合には十分注意をしておきましょう。

また、脱毛の前後に肌を冷やしておくことで、肌荒れを予防することが出来ます。

痛くない、刺激のない脱毛器はないと言われますが、パナソニックが販売しているソイエという脱毛器はムダ毛を挟んで脱毛するので痛みや刺激を伴うことが多いようです。

部位によっては使えないでしょう。

ヘッドを動かしていくと複数の毛を抜くことができるので、毛抜きで抜くより効率が良いですが、血が出たり、再発毛してきたときに埋没毛が出来て、自分には合わなかったのかもというマイナスのクチコミもあります。

ただ、脱毛器としては手軽な価格であることもあり、同社の美容家電の中ではロングセラー商品のひとつに入ります。

愛用している人も多いのでしょう。

使い始めは気をつける必要があると思いますが、何度も毛を抜いていると、だんだん抜けやすくなってくるそうです。

減る前の痛みがどのくらいかは、使ってみなければわかりません。

ある程度の覚悟があれば、向いているかもしれません。

ブラウンというと、電気シェーバーのイメージが強いと思いますが、女性用の脱毛器も販売していることをご存知でしたか?光脱毛の仕組みは、黒いもの(毛母細胞)に反応し脱毛を促すものなので、肌の色が濃い方は、火傷を負ってしまう可能性があるのですが、光美容器シルク・エキスパートは世界唯一の技術で、肌の色に合わせて光を3段階から10段階に調整することができます。

シルク・エキスパートは、ベーシックとプレミアムの2モデル展開されているのですが、ベーシックモデルの照射間隔は3秒なのですが、プレミアムモデルの照射間隔は1、2秒だったり、光の調節段階もベーシックモデルが3段階しかないのに対しプレミアムモデルは10段階もあるなど、お値段に多少の差はでてきますが、どうせ買うならプレミアムモデルのほうがオススメです。

amazonで脱毛器を検索し、評価順で並び替えると上位の商品がVekiaとOudayの商品で占めています。

画像を見る限りVekiaとOudayの脱毛器は同じ商品のように見えるのですが、メーカーが違うのは何故でしょうか?Vekiaというメーカーの脱毛器はIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

一方Oudayというメーカーから発売されている脱毛器もIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

ちなみに両方とも重さは581gです。

商品説明の画像は違うのですが、商品自体はやはり同じように見えます。

1位の商品に450件以上のレビューがついていて、評価は星5です。

他の同一商品も星5という評価になっています。

評価が偏り過ぎているのが不自然ですし、やらせを疑うレビューもあります。

口コミをチェックしてから購入決めるという人もいるかと思いますが、レビューというものは賛否両論あるのが普通ですから、口コミを見極める力を持つことも大切です。

脱毛は痛いというイメージがありませんか?確かに毛抜きで抜いたりすると涙がでてしまうこともあるくらい痛いですよね。

また、ガムテープなどで毛を引き抜くのも痛いです。

ソイエなどの毛を引っこ抜く脱毛器も当然痛いです。

最近はワックス脱毛も人気ですが、こちらも無理やり毛を引き抜くタイプの脱毛法ですからやっぱり痛いです。

ならばフラッシュ脱毛はどうなのか?というと、ムダ毛を無理やり引き抜く脱毛法と比べれば痛みは雲泥の差と言えるでしょう。

光を照射しますから、若干の熱さを感じることがありますが、照射前に保冷剤等でしっかり冷やしておけば痛みはほぼ感じませんよ。

痛いということは、肌に負担がかかっているということですから、無理のない脱毛をおすすめします。

家で楽に不要な毛の処理を行えるレーザー毛抜き器があります。

家庭用にレーザー量を少なめにしているので、不安になることなく使用することが出来ます。

脱毛効果は医療機関よりは高くないですが、医療機関では予約が必須でその人の発毛周期と合わなかったりするものです。

自宅でやるのであれば、自分の間で毛を抜くことが出来ます。

脱毛器を使用して永久脱毛をしたいと考えている人も多いかもしれません。

脱毛器にはクリニックでも採用されているレーザーを使用するタイプもあります。

しかし、安全面に配慮されて出力を弱めなければならないので、永久脱毛はできません。

ですから永久脱毛をしたい場合脱毛クリニックにおいて医療脱毛をする方がいいでしょう。