教育ローン審査甘いって嘘?キャッシング即日申しこむなら

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、融資してくれる機関によって融資額は全然変わってきます。

教育一般貸付(国の教育ローン)は最高350万円です。

民間の銀行の場合は最大限度額1000万円程度まで貸し付けてくれる銀行もあります。

進学先が医学部、歯学部などであれば、3000万円まで融資してくれる銀行もあります。

一方、信販会社は学校と提携している場合があり、提携校によって融資額が変わります。

銀行の教育ローンであれば普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で手続きが完了する銀行が多くなってきて利便性も向上しています。

銀行口座を所有していなくても申し込めるローンもありますが口座があると優遇金利を受けられる銀行が多いです。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利が優遇される銀行もあります。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

通常のカードローンと同じようにカードの限度額の範囲内なら自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

一般のカードローンと異なる点は教育資金以外に使えないことです。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

金利が低い教育ローンと言えば金利は年1.76%という低金利となっており銀行や信販会社のローンよりもお得です。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

使途は、学費以外にもアパート代やパソコン購入費など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

しかし、教育一般貸付は、低所得者の学生を救済するためのローンになりますので対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

高校生にかかる学費はピンキリです。

私立高校に通うことになった場合、年間70万円以上もかかることもあります。

学費が払えないとどうなるか?除籍や退学を迫られる可能性もあります。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

払えないときの解決方法はもう借金しかありませんが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の味方なので安心して借りることができます。

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行やノンバンクなど多数あります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

融資の使途は大学や高校のほか中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料だけでなく定期代やパソコン購入費など広範囲に認められています。

教育ローンが借りれないという人には恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、就業していることが条件でありますので無職や年金受給者は借りることができません。

正社員であることは必須要件ではありませんが安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規雇用の人は最低でも2年以上、勤続年数がないと審査は厳しいです。

年収も200万円以上なければ審査に通るのは困難と言えるでしょう。

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの金利は融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、高金利の金融機関では10%近いものもあります。

銀行であれば口座などを作ることで優遇金利を受けられるケースがあります。

金利の計算方法というのが、2種類あり固定金利と変動金利というものがあります。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方が安心かもしれません。

教育ローンを比較するならランキングサイトを利用すると効率的です。

いちいち金融機関を回ったり資料請求する手間はかかりません。

金利や借入可能額については一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

ランキングサイトから直接銀行のHPへ飛べるようになっていることが多いので是非ご活用ください。

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

参考:教育ローン審査甘い?低金利でおすすめの銀行一覧【審査基準】

教育ローンというのは借主は保護者となりますが奨学金は学生本人が借主となります。

貸し付け方も異なっており、教育ローンは一括で振込ですが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息については教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後になります。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の教育ローンと比較するとかなり高額で返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

会員外の一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

分かりやすく言えば住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合このタイプを採用している所が多いです。

一括借入れ型の主な特徴としてローンが契約成立したら、並行して返済金額が確定されるということです。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的には無理です。

学費が目的であってもローンはローンなので借主は貸借契約を結べる人間でなければいけません。

そのために借入をする人が成人であることや安定継続した収入があることが認められる必要があります。

その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

国の教育ローンよりも銀行の教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

インターネットの場合は事前診断コーナーがあるのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査の申請もネット上で行えますし24時間受付け可能な点も便利です。

無事に仮審査の申し込みが完了しましたら受付け完了メールが届くはずですから、必ず確認してください。

教育ローンもローン契約なので利用するには審査を通過する必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までには全て用意しておく必要があります。

ネットで申し込んだ場合借入申込書は必要ありませんが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書か通帳のコピーも必要です。

何より一番肝心な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。