先日祖母が着着用していた着物を売却することになり買取専門業者に相談してみました

この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。
私たちが何度も着るような着物はなく、私がこのまま保管しておくのもお着物がかわいそうだし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。
何軒かの業者で相談しましたが、一点で高値がつくようなものはなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。
どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。
日本の伝統的な民族衣装であるお着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。
買い取るとき、高値をつけられるものといえば産地がその名につくブランド品です。
大島紬の他、本場黄八丈などお着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名な産地の着物は古くても価値があるので高額買い取りもよく耳にします。
お着物の状態がいいことは前提条件で、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどのお着物でも変わりません。
リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、着物を買い取ってくれる専門業者が増えています。
ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、利用者として気をつけなければならないのは、買取にみせかけて、不当な安値で叩いたり、お着物だけを騙し取るといった不法な商売をしている業者もあるということです。
クチコミ等で信頼できるところを選びたいですね。

服を売る前にアイロン?クリーニングタグは?【高く売る方法!】