家庭用の光脱毛器は濃く太いムダ毛に反応しやすい?剛毛なら効果あり?

脇の無駄毛がいつも気になっていたのですが、思い切ってサロンで脱毛を受けることに決めました。
そうしたところ、あんなに太くて濃かった脇の無駄毛が毛質が産毛のように細くなり、量もぐんと少なくなりました。
自分で行う処理では限界があった為、諦めていたノースリーブの服も堂々と着ておしゃれが楽しめるようになりました。
サロンで人気なのは、光脱毛という脱毛法です。
最近では、家庭用の脱毛器でも、この光脱毛ができる脱毛器が販売されています。
毛には毛周期といわれるものがあるため、1度の施術だけだと脱毛効果を実感できないかもしれません。
間を置いて6回くらい何回も脱毛の施術をして大きな効果を実感できるのです。
最近、ニードル脱毛という脱毛法は少なくなり、すっかり見かけなくなりました。
ニードル脱毛とは、毛穴目掛けて針を刺しそこに電気を通し、行う脱毛法でおそらくいろいろな脱毛方法の中で一番上に位置するといってもいいほどかなりの痛さがあるものです。
そんなニードル脱毛の気になる値段ですが、サロンによりある程度の差はあるものの比較的高額な料金設定になるようです。
全身のムダ毛の中でも、産毛みたいな薄くて細い毛にはニードル脱毛が最適です。
光脱毛は黒色に反応するので、濃い太い毛には効果があるものの、産毛にはほぼ効果的ではありません。
でも、ニードル脱毛だと産毛でもちゃんと脱毛を施すことが可能なのです。
ニードル脱毛というのはもっとも確かなムダ毛を永久脱毛できる方法です。
一つ一つの毛穴に針を差し込んで電流で毛根を焼き切るので、けっこうな痛みがあるので敬遠される方もたくさんいるようです。
脱毛を行いたい部分にもよりますが、一本ずつの施術となるので、時間はレーザー等に比べるとかなり時間がかかり、回数も多く通うこととなります。