住宅ローン借り換えに必要な諸費用を計算

多くの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですがローンの借り換えはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年からできるケースもあるようですが、例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件では、申込日前日までの1年間返済を問題なく続けている方という項目があります。

他の銀行もほとんど同じ審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料などの費用が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に考えましょう。

住宅ローンを組んでいる方にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除はどうなるのでしょうか。

結論としては可能です。

住宅ローン控除では10年間にわたって年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時にローン控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとFPの方も言っています。

控除をフルに受けるには、借り換え後の返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

ローン控除では1%が還付されるのでこのように様々な制度を利用してお得にローン返済しましょう。

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識はありませんか?実は借り換え融資ができるようになっているので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合が多いそうです。

お得になる金利差は0.3%以上という計算になるようです。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースですが変動の方が金利は1%から2%低く設定されているのでそのまま低金利のままならお得になりますが、金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利同士での借り換えは、金利変動リスクはありません。

家計を圧迫するとよく相談のある住宅ローンですが今組んでいるローンの金利から金利が低いローンへ見つかったら低い方に変えたいですよね。

ただ、低金利という部分だけを目当てに変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記をはじめ、いろいろな費用が発生しますので、かかる費用も計算したら変えるほどのメリットがない場合もあります。

シミュレーション時にメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えをする際の基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収よりも多い時です。

住宅ローン借り換えに関してインターネットで調べていると気になる事実を発見しました。

今、住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういったことが起きるかというと転勤することになって転勤先での賃アパートなどの貸料と二重になるので、金利が低くなったから借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、いろいろな金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際など借り換えができません。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にして支払い総額を抑える住宅ローン借り換えですが、借り換え時にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットを十分に把握することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますが基本的に金利が低くなっているのは変動型なのでローンの申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

こういった面も含めて総合的に考える必要があります。

メリット・デメリットを確認して借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単で無料かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

参照:イオン銀行住宅ローン借り換え諸費用はいくら?【イオンの中の銀行!】

でも、毎月のローンの返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に考えるのが住宅ローン借り換えです。

ただ、借り換えメリットを享受するためには当然、今借りているローンよりも金利が低くならなければいけません。

判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているのでどこがお得になるか参考にしてください。

ただ、計算した際の注意点として、シミュレーションを使って計算してみたら30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていてそんなに得にならなかったということもあります。

住宅ローンの返済でお悩みの人の中には住宅ローン借り換えでしは支払う利息を減らそうとしている人もいるのではないでしょうか。

借り換えの際には新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低いだけというメリット以外も求めていますよね。

具体的に考えてみましょう。

ひとつ目は保証料がかからないことです。

保証料がかからないこともメリットの一つです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%くらい」と言われ、例えば3000万円を30年ローンの場合、60万円以上かかる計算になります。

なぜかというと繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

住宅ローンを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと返済を早く行えば行うほど元本も利息もどんどん減っていきます。

結果として総支払額が短縮されたり、その期間の利息分総支払額が低くなります。

そのため、手続きをインターネットで行えることや返済可能額が一円以上だと行いやすいですよね。

ひとつ気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が圧迫してしまうのは本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを検討するときも繰上げ返済は重要です。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行から融資を受けて、現在借入中の銀行Aに完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上では何度でも借り換えが可能になっています。

ただ、現実的には多い人でも3回くらいまでになります。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うので1回限りと言われるとべストな時期に借り換えをしたいですがなぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは予測不可能だからです。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは経済の専門家でも予測不可能だからです。

そのため、借り換えメリットが月収以上の金額になったときがオススメのタイミングです。