審査の甘い銀行の住宅ローンの口コミって?おすすめは?

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行から薦められる事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
これから住宅ローンを組む方も、既に申し込んでいる方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。
1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。
申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。
改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。
今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。
住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
今後、自分のマイホームを購入される予定の方はローンの他に火災保険にも入らなければなりません。
借入れしたお金を毎月払っていかなければならないのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。
ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残りいかなる理由があっても支払いを続けなければなりません。
こうした負担を防ぐために、保険に加入することで貴方もローンを貸した側も負担を背負うことなく済むのです。
まずはこのような必要性がある事を把握しておきましょう。

住宅ローン審査甘い銀行は?おすすめはココ【審査に通らない理由】