カードローンの審査が甘いと評判の銀行とは?

お金が必要なのに、カードローンの審査が通らず困っている人も多いと思います。

ですが、嘘をついて申し込むのはやめましょう。

申請者の返済能力と信用を見るのが審査の目的ですから、カードローン会社も申請内容の裏付けを取ります。

勤務先や年収などで嘘をついたら、真っ先に審査落ちの対象になりますし、たとえ審査に受かったとしても、返済が滞るなどで申請内容の虚偽が発覚すれば、業者から一括返済を求められたり、停止措置がとられ、今後お金を貸してもらえなくなってしまいます。

今後、別の金融機関の借入れの際の障害にもなるので、嘘は書かない方が賢明です。

延滞や虚偽申請などで事故履歴が残ることを「ブラックリストに載る」「ブラックになった」と言います。

その対象者でも、よく探せば、お金を貸してくれる会社はあるようです。

しかし、CMや広告などで世間に認知されている銀行や大手消費者金融では、審査が通りません(ブラックですから)。

したがって中~小レベルの金融業者に融資の申込をします。

中には地域の優良企業もあるのかもしれませんが、たいていの場合、そういった金融業者は名前で評価されることがないので色々な意味で「良くない」業者に出くわすことが多いです。

運が悪ければババを引く覚悟も必要でしょう。

法律で定められたカードローンに関する規制というと一番メジャーなものは総量規制です。

年収の3分の1のカードローンしかできないという内容の規制になります。

これは消費者金融のみに適用されて、銀行はこの法律とは別の管轄の法律であるため、適用外になります。

また、他社でもう借り入れがある場合はそれらも含めた借金総額が判定額になります。

お金が必要な人にとって強い味方になってくれるのがアコムのカードローンです。

ここ最近では銀行や消費者金融、信販会社などいろいろな業者でカードローンサービスを提供しています。

もちろん、そのほとんどが、インターネットを使った申し込みができるようになっています。

申し込み後の審査を通れば、契約した金額を指定の銀行口座に振り込んでもらえるでしょう。

あるいは、専用のカードを受け取りATMを利用し、お金を引き出すやり方などがあり、とても便利です。

ATM窓口は少ないと思われがちですが、専用のものだけでなく、身近なATM(コンビ二や銀行など)を利用できる業者も多いので、とても便利になっています。

繰り上げて借金を返す制度を利用すれば、現金自動預払機からクレジットカードで借りたお金の借金する時間を短縮したり、総返済額を考えてる以上に減らすことができるかもしれません。

ただし、融資の契約内容によって繰り上げて借金を返すことが出来ない場合やある金額を超えた額でない時は繰り上げ返済ができないこともあるので気を付けましょう。

ブラックリストに載ってしまい、どこのカードローンも審査落ちしてしまう状態になったからといって、他人の名前を借りるような行為は厳禁です。

参考:カードローン審査甘い即日融資できる銀行は?【申込み通りやすい?】

家族に内緒で名前を借りるようなことはもちろん、相手の許可を取ったとしても法律に違反しています。

ご自身の名前で融資を受けられないようであれば、自分は社会的に見て借金できる状態ではないのだと自覚しましょう。

業者はお金の貸し借りのプロです。

そのプロから信用に値しないと判断された為に、融資を受けることができないのです。

ご自身に返済能力がないのに他人の名前を使えば、返済できなければ、相手が全ての責任を負う羽目になります。

借入を利用したものの、返済の目途が立たなくなったならば債務整理をしなければならなくなるかもしれません。

債務整理中は借入が不可能な状態となりますから、たくさんのことが制限されます。

不便ですが、この状態はどうしようもないものだと諦めてください。

カードローンを契約する時にはいくつかの書類が必要になります。

まずは本人確認書類を用意しましょう。

例えば、運転免許証があれば問題ありませんが、交付を受けていない場合は健康保険証やパスポートでも本人確認書類として使うことができます。

次に必要なのが、収入証明書類です。

給与所得者の場合は給与明細書や源泉徴収票、所得証明書などを用意しておきましょう。

買い物依存というのでしょうか、クレジットカードでブランド品を買いあさるようなことを続け、引き落とし日に入金するお金に困った挙句、消費者金融のカードローンでお金を借りてしまうという更なる負債の連鎖に足を踏み入れ、買い物分の完済もできていないのにカードローンのお金の返済まで加わり、生活が成り立たなくなってしまったのです。

お給料どころか、すぐに退職して退職金すべてはたいて返済に充て、足りなければ夜も働きに出る位しなければいけないかと途方にくれていましたが、両親に猛反対されて退職を思い留まり、両親に援助してもらうことになりました。

最終的には、利息なども合わせて5百万円にもなっており、両親には本当に申し訳なく思いますが、コツコツためていたお金を出させることになってしまいました。

きちんとした借用書を作成して、確実に返していくことを両親に約束し、会社を退職せずに済んだので、返済をしながらでもきちんと暮らしてゆくことが出来ます。

カードローンは生活費が切迫した時に使うことも可能です。

少額のお金を借りて、生活費にあてることもできてしまいます。

お金が手に入り次第、返済すればいいので、容易に使える方法でもあります。

お金が必要になった場合には借りるという案も考慮してください。